イチリンソウ

イチリンソウ

【生態等】

※分類は「APGⅢ植物分類体系」と(Engler科名)

  • 被子植物、真正双子葉類、キンポウゲ目、キンポウゲ科(キンポウゲ科)の多年草。
  • 山地、丘陵の林縁などに生える。
  • 高さは15~30cm。
  • 根生葉は、長い柄があり1~2回3出複葉で、小葉は裂ける。花茎の葉は、短い柄があり1回3出複葉で、 3枚が輪生する。
  • 花期は4~5月。花枝の先に直径約4cmの花をつける。
  • 分布は本州(宮城県以西)、四国、九州。
  • ニリンソウに似るが、花が通常1花で大きく、花茎の葉に柄がある。

【参考文献等】

増補改訂フィールドベスト図鑑 Vol.1~3 日本の野草(発行所:(株)学習研究社)
季節・生育地でひける 野草・雑草の事典530種 (発行所:(株)西東社)

【投稿者解説】

イチリンソウ属(Anemone)では花弁はなく、萼(がく)が花弁状になっています。また花茎につく葉は苞葉とされています。早春に1個の花をつけます。町田でも個人の土地などを中心にところどころに残っています。

(解説者:yo.TANAKA)

(主な参考文献)
神奈川県植物誌2001 神奈川県植物誌調査会編 神奈川県立生命の星・地球博物館
植物の世界(週刊朝日百科) 岩槻/大場他監修 朝日新聞社
日本維管束植物目録 米倉浩司著 北隆館

◎カテゴリー