ホウチャクソウ

ホウチャクソウ

【生態等】

※分類は「APGⅢ植物分類体系」と(Engler科名)

  • 被子植物、単子葉類、ユリ目、イヌサフラン科(ユリ科)の多年草。
  • 山地や丘陵の林下に生える。
  • 名は細長く下垂する花を寺院の軒や五重塔に下がっている宝鐸に見立てたもの。
  • 高さは30~60㎝。
  • 茎は直立し、上部で枝分かれする。
  • 葉は、互生し、長さ5~15㎝、幅1.5~4㎝の長卵形で先はとがる。
  • 花期は4~6月。
  • 花は枝先に1~3個下向きにつく。
  • 果実は直径1㎝ほどで黒く熟す。
  • 分布は北海道、本州、四国、九州、沖縄。

【参考文献等】

増補改訂フィールドベスト図鑑 Vol.1~3 日本の野草(発行所:(株)学習研究社)
山渓ハンディ図鑑1 野に咲く花 増補改訂新版(発行所:(株)山と渓谷社)

◎カテゴリー