ヒヨドリバナ

ヒヨドリバナ

【生態等】

※分類は「APGⅢ植物分類体系」と(Engler科名)

  • 被子植物、真正双子葉類、キク目、キク科(キク科)の多年草。
  • 山地の林の縁、道ばたなどに生える。
  • 高さは1~2m。茎には縮れた短毛がある。
  • 葉は、対生(2つが向かい合ってつく)し、長さ10~15cm、幅2~6cmの卵状長楕円形で先がとがり、縁に鋸歯がある。
  • 花期は8~10月。茎の上部の枝に花序(花をつける枝)をつくり、頭状花(茎の先に柄の無い花が集まったもの)を密につける。頭状花は白~淡紅色の管状花の集まりで、雌しべの柱頭がとび出ている。実はそう果(単純で乾いた炸裂しない果実の一種)。
  • 分布は北海道、本州、四国、九州。
  • 「フジバカマ」に似るが、つぼみが紫紅色ではなく白色。
  • 「ヨツバヒヨドリ」に似るが、葉が輪生(1カ所に3枚以上の葉がつく)ではなく、対生(2つが向かい合ってつく)。

【参考文献等】

増補改訂フィールドベスト図鑑 Vol.1~3 日本の野草(発行所:(株)学習研究社)

◎カテゴリー