ハナニラ

ハナニラ

【生態等】

※分類は「APGⅢ植物分類体系」と(Engler科名)

  • 被子植物、単子葉類、クサスギカズラ目、ヒガンバナ科(ユリ科)の多年草。別名「セイヨウアマナ」
  • 野原、道ばた、空き地、土手などに生える
  • 高さは10~20cm。球根をもつ。
  • 葉は、長さ10~20cmの線形。
  • 花期は3~5月。長さ10~20cmの花茎の先に、直径約5cmの白~青色・淡紫色の花をつける。花は3個の外花披片と3個の内花披片をもつ。
  • 南アメリカ原産の帰化植物。関東以西に分布。
  • ニラに葉の形や匂いが似ることからこの名。

【参考文献等】

小学館の図鑑 NEO 植物(発行所:(株)小学館)

◎カテゴリー