ハイニシキソウ

ハイニシキソウ

【生態等】

※分類は「APGⅢ植物分類体系」と(Engler科名)

  • 被子植物、真正双子葉類、キントラノオ目、トウダイグサ科(トウダイグサ科)の1年草。
  • 道ばた、荒地などに生える。
  • 茎は地を這う。長さ10~20cmで赤みを帯びるが緑色の場合もある。
  • 葉は、対生(2つが向かい合ってつく)し、長さ4~8mmの楕円形。葉表、葉裏には毛がないが、茎頂付近の葉縁には毛がある。斑紋はない。
  • 花期は6~10月。
  • 南北アメリカ原産の帰化植物。
  • コニシキソウに似るが、コニシキソウは葉に黒い斑紋がある。
  • アレチニシキソウに似るが、茎の上面にだけ毛が生え、葉の裏面に毛が密生しない

【参考文献等】

季節・生育地でひける 野草・雑草の事典530種 (発行所:(株)西東社)

◎カテゴリー