ダンドボロギク

ダンドボロギク

【生態等】

※分類は「APGⅢ植物分類体系」と(Engler科名)

  • 被子植物、真正双子葉類、キク目、キク科(キク科)の1年草。
  • 山林の伐採跡や荒れ地などに生える。
  • 高さは50~150cm。
  • 愛知県の段戸山で最初に帰化が発見されたことからこの名がある。
  • アメリカでは山火事の跡によく生え、fire weed(火の草)と呼ばれる。
  • ベニバナボロギクに似るが、本種は花が上向きにつくのが相違点。
  • 葉は、長さ5~40cmの線形~線状披針形で、上部の葉は茎を抱く。
  • 花期は9~10月。茎の上部に円錐花序を出し、管状花からなる頭状花を多数つける。
  • 北アメリカ原産の帰化植物。

【参考文献等】

増補改訂フィールドベスト図鑑 Vol.1~3 日本の野草(発行所:(株)学習研究社)
山渓ハンディ図鑑1 野に咲く花 増補改訂新版(発行所:(株)山と渓谷社)

◎カテゴリー