アメリカオニアザミ

まちだのいきものたちまちだの草花>アメリカオニアザミ

アメリカオニアザミ

【生態等】

※分類は「APGⅢ植物分類体系」と(Engler科名)

  • 被子植物、真正双子葉類、キク目、キク科(キク科)の1~2年草。
  • 野原、道ばた、畑、牧草地、荒地などに生える。
  • 高さは0.5~1.5cm。茎はロゼット状の根生葉の中央から出る。全体にわたり鋭い刺を持つひれ(翼)がある。
  • 葉は上面が緑色で硬い短毛があり,下面は綿毛が多く白色。
  • 花期は7~10月。枝上に淡紅紫色の花を1~3個つける。花冠は長さ3~4cm、冠毛は白色で帯状に分枝し、花床には1~2cmの白い剛毛状の鱗片がある。実(痩果)は灰白色で長さ約3mm。種子はタンポポのように綿毛で風に乗って拡散する。
  • ヨーロッパ原産の帰化植物。北海道、本州、四国に分布。日本へはアメリカから移入。

【参考文献等】

国立環境研究所ホームページ「侵入生物データベース」

◎カテゴリー