マガモ

マガモ

【生態等】

  • カモ目、カモ科。
  • 湖沼、河川、海岸になどに飛来する。
  • 全長約59cm。雄は非繁殖期には雌と同じような羽色だが、繁殖期には頭が緑色、白い首輪、同体が灰白色と黒褐色のあざやかな体色になる。
  • 食性は雑食で、水草の葉や茎、植物の種子、貝などを食べる。
  • 冬季に越冬のために全国に渡来する。北海道や本州中部の山地では若干繁殖する。
  • アヒルはマガモを家禽として改良したもので、アイガモはアヒルとマガモの交配種なので、両方ともマガモによく似たものがおり、野生化していることもある。

【参考文献等】

山渓ハンディ図鑑7日本の野鳥(発行所:山と渓谷社)

◎カテゴリー