ガビチョウ

ガビチョウ

【生態等】

  • 鳥綱 スズメ目 チメドリ科。 学名 Garrulax canorus
  • 特定外来生物(外来生物法)。 日本の侵略的外来種ワースト100 。
  • 国内分布は、宮城、福島、千葉県を除く関東各都県、大阪、兵庫、鳥取、島根、山口、高知、鹿児島を除く九州各県。
  • 自然分布は、中国南部、海南島、台湾、香港、ベトナム北部、ラオス北部
  • 形態は、全長20~25cm。全体に黄褐色で、目のまわりとその後方の帯は白い。腹の中央は灰色で、喉と上胸に細いすじが入る。尾羽はやや黒い。
  • 生息環境は丘陵地、平野部の低木林に生息し、藪を好む。積雪量の多いところには分布しないのは、地上採食性であること、渡りをしないことが原因と考えられる。
  • 繁殖期は、原産地では4~7月 。
  • 生態的特性は、よく地上を走り、あまり高く飛ばない。繁殖期はつがい、単独で行動し、非繁殖期は小群で行動する。
  • 食性は、昆虫、果実。
  • 愛玩用観賞用に輸入された飼い鳥が逃げ出す、あるいは飼い主によって放たれ、野生化したと考えられる。
  • 江戸時代から輸入の記録があるが、野外では1980年代に北九州で観察されたのが最初である。関東では1990年に山梨で最初に観察された。
  • ハワイでは、ガビチョウが侵入してから在来種が減少している。
  • 影響を受ける生物は、在来鳥類

【参考文献等】

国立環境研究所ホームページ(抜粋)

◎カテゴリー