カワニナ

カワニナ

【生態等】

  • 軟体動物門、腹足綱、吸腔目、カワニナ科。
  • 淡水の川や池、湖などの砂泥底に生息する。
  • 大きさは、殻高約3cm。
  • 食性は、砂泥中の有機物。
  • 分布は、北海道、本州、四国、九州、沖縄。
  • ゲンジボタルの幼虫の餌。

【参考文献等】

 小学館の図鑑 NEO 水の生物(発行所:(株)小学館)

◎カテゴリー