まちだエコライフ推進公社について

 まちだエコライフ推進公社は、町田市が推進する環境政策に協力し、環境の保全、回復及び創造のための町田市民の自主的積極的な取り組みを支援することで、環境負荷の少ない持続可能な循環型社会の実現に寄与することを目的として事業を行っています。

  1. 環境負荷低減のための普及啓発事業
  2. 環境保全の活動を行う市民団体などへの支援事業
  3. 粗大ごみのリユース、フリーマーケットなどのごみ減量事業
  4. 粗大ごみの収集、ペットボトルのリサイクルのための中間処理、リサイクル広場まちだの運営、環境学習など、町田市からの受託事業

《 お 知 ら せ 》

町田市(まちだし) 市民(しみん)協働(きょうどう)()きもの調査(ちょうさ)
  速報(そくほう) 2016(ねん)「セミの()(ごえ)調査(ちょうさ)報告(ほうこく) (11(がつ)30(にち)時点(じてん))公開中(こうかいちゅう)

 2016年度(ねんど)「セミのぬけがら調査(ちょうさ)」の結果(けっか)()ました。
  ◆結果はこちらから。 ⇒ 2016年度(ねんど)「セミのぬけがら調査(ちょうさ)結果(けっか)報告書(ほうこくしょ)

 第二回 セミのぬけがら調査(ちょうさ)悪天候(あくてんこう)により中止(ちゅうし)になりました

 第一回 セミのぬけがら調査(ちょうさ)(おこな)いました。
  都立小山田緑地本園で「セミのぬけがら調査」を行いました。
  23名の調査員の皆さんとセミのぬけがらを採取、分類、集計しました。
  羽化途中のニイニイゼミの観察もできました。

  町田(まちだ)市内(しない)でクマゼミのぬけがらを発見(はっけん)! 詳しくはこちら⇒「クマゼミのぬけがら
  セミの羽化(うか)観察(かんさつ)しました!

 720午後(ごご)3()ぎにリサイクル文化(ぶんか)センターでアブラゼミの羽化(うか)観察(かんさつ)しました。

 (くも)りで薄暗(うすくら)空模様(そらもよう)だったからでしょうか。昼間(ひるま)でもセミが羽化(うか)していました。

 ◆写真(しゃしん)はこちら。 ⇒「セミの羽化(うか)

 2016年度(ねんど) セミの()(ごえ)調査(ちょうさ)
  今年(ことし)は335(めい)皆様(みなさま)にサポーターとしてご協力(きょうりょく)いただきました。ありがとうございました。
  ただいま結果(けっか)分析中(ぶんせきちゅう)です。
  事務局(じむきょく)のある、町田(まちだ)リサイクル文化(ぶんか)センターでは10月2日にアブラゼミの()(ごえ)()いたのが今年(ことし)()()わりでした。
  


セミの鳴き声調査

まちだの生き物たち